壁面アート



20110606_noriirn.jpg


捨てられないものたち
ここでは廃品など無いんだ

あるのは家人の
優しさと愛嬌
素敵だ


写真・文:noririn


スポンサーサイト

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
にほんブログ村

テーマ : 写真にコトバをのせて
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ラック、中華なべ、ハンガーそして物干し竿、この並べ方にはどのような意味があるのかな?

Re: 無茶麻呂さんへ

無茶麻呂さん、こんばんは!
コメントありがとうございます♪

> ラック、中華なべ、ハンガーそして物干し竿、この並べ方にはどのような意味があるのかな?
ハテ・・これは私にも分かりませんよ~^^;
実を言いますと、この壁面には続きがありまして、竹ぼうき、ビニール袋等々が整然と展示(?)されているのです。その中で私が一番興味を引いたのは掲載の写真の部分でした。
並べ方の意味などは知るすべもありませんが・・ここの家人の心意気がとっても微笑ましく、私は何だか嬉しくなってしまいました(^^♪

No title

この詩と写真を見ていると、捨てる勇気が萎えてしまいますね。(笑)

Re: JJさんへ

JJさん、こんにちは!
コメントありがとうございます♪

> この詩と写真を見ていると、捨てる勇気が萎えてしまいますね。(笑)
すみません・・断捨離が叫ばれている昨今にタイムリーな記事ではありませんでしたね・・^^;
しかし、ここまで端正に展示(?)されると、マイッタ~としか言いようがなくて思わず・・^_^
でも、私たちは勇気を出して捨てましょう~(笑)
私もどんどんと身の回りの贅肉をこそげ落としていきたいと思っています!(^^)v

No title

構図的にとても面白いアートですね。
お鍋の円やラック、ハンガーなど直線や斜線など、様々な形が無造作に壁面を飾っているだけなのに、どこか粋な調和を見せている。
お鍋の錆が全体の色調に程よいさびを利かせ、画像にうまい味をだしています。

絵画の世界でも壁面アートは、トロンプ.ルイユ(Trompe-L'oeil)という技法でイリュージョニズム絵画の中に多く見られます。その最も代表的な画家がアメリカのW.Harnettでしょうか。

Re: Bettyさんへ

Bettyさん、こんばんは!
コメントありがとうございます♪
今回はどのようなコメントをしてくださるか、ちょっぴり楽しみにしていました(^^)v

> お鍋の円やラック、ハンガーなど直線や斜線など、様々な形が無造作に壁面を飾っているだけなのに、どこか粋な調和を見せている。
そうなんです! すでに使い物にならないモノたちをこんなふうに飾ってしまうなんて・・、しかもとっても粋なんです。 
ストレートに撮った写真ですが、この粋さを表現したかった! なのでBettyさんに「粋な調和を・・」と言っていただいて、この写真も生きてくるような気がします。 ありがとうございました!(*^^)v

> 絵画の世界でも壁面アートは、トロンプ.ルイユ(Trompe-L'oeil)という技法でイリュージョニズム絵画の中に多く見られます。その最も代表的な画家がアメリカのW.Harnettでしょうか。
壁面アートは何故か前衛的な印象を受けますが、面白いですよね~。
写真の被写体としてもよく使われていると思いますし、私も見かければ思わずカメラを向けてしまいます。
でも逆に難しいんですよ・・、ただ撮るだけではなく、それを自分なりにどう表現させるか・・が問題で。
あれっ、エラそうなこと言っていますね、私って。すみません・・^^;
プロフィール

noririn

Author:noririn
noririnのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
I love photo
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR