我関せず



20121112_noririn.jpg


すべてはどこ吹く風で
泰然としていられたら

そんなことを思いつつ
ポーズだけでも真似てみる

不思議と気分が楽になる


写真・文:noririn


スポンサーサイト

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
にほんブログ村

テーマ : 写真にコトバをのせて
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

妙に落ち着き払った強かな横顔が、ハンサムですね。背中に受けた光が醸しだすメランコリックな雰囲気に、どこか黄昏を感じます。我関せず、と人生もこんな風に開き直ったらどんな眺めになるのでしょうね。(笑)

動物の表情にはどこかドラマ性があっていつも魅かれますね。noririnさんがカメラを向けてしまう気持ち分かります。動物画で有名な英国の画家Edwin Henry Landseerの描く動物達の表情もとても面白く興味深いですよ。「Dignity and Impudence」の犬の表情に威厳と小生意気さが、とても上手く描写されていて面白いです。

Re: Bettyさんへ

Bettyさん、こんばんは!
コメントありがとうございます♪

メランコリックな雰囲気を感じとっていただいて、嬉しいですよ!
人生、開き直る時も必要かも・・です。ポーズだけでもとってみると結構イイ気分ですよ!(笑)
「Dignity and Impudence」の犬の表情、小生意気さがやけにリアルで楽しかったです!
こうゆう絵画は初めてみました。いつもありがとうございます!(^_-)-☆
プロフィール

noririn

Author:noririn
noririnのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
I love photo
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR