秋色



20120910_noririn.jpg


探してしまう

どんなに残暑が
厳しくても

どんなに日差しが
強くても

9月ともなれば
秋色恋し


写真・文:noririn


スポンサーサイト

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
にほんブログ村

テーマ : 写真にコトバをのせて
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

陽射しは秋色

秋は残暑を押し退けて
居座ってしまいましたね〃(^∀^〃)¢

陽射しは秋色
残暑はシルエットに沈みぬ
甘美な秋を満喫しましょう(o^~^o)ν

No title

noririnさんの美しい詩とは対照的に、この写真から受ける印象は,少し違って不思議な物を見ているような気持ちにさせます。これは植物ですよね?光りが作りだす多様な輝きとオブジェのような立体感が、芸術性を感じさせる壁画のようです。

前回の古典絵画のような雰囲気とは打って変わって、今回のnoririnさんの作品は抽象絵画のような描写が目を引きます。色彩的にどこか秋色を感じさせるドイツの現代美術家Anselm Kieferの「Aaron 1984」を挙げてみました。彼が特徴とする下地に砂、藁、鉛などを混ぜた画面は、noririnさんの秋色のような輝きとか煌きがなく、どちらかと言えば暗ささえ感じさせてしまいます。戦後のドイツを代表するアーティストとして歴史的な出来事などを題材にした作品が多く、主題、意味を重視した作家だと言われています。

Re: 【クメゼミ】塾長さんへ

【クメゼミ】塾長さん、こんばんは!
コメントありがとうございます♪

朝晩がめっきりと涼しくなって、昼間の暑さを忘れそうです。
甘美な秋が待ち遠しいですねぇ~。
思いっきり満喫しますよ!!(^_-)-☆

Re: Bettyさんへ

Bettyさん、こんばんは!
コメントありがとうございます♪

これは次作にもあります、おみなえしという花の蕾を撮ったものです。
かなり、分かりづらいですね、残念・・^^;
Anselm Kieferの「Aaron 1984」を見ました。
下地に砂、藁、鉛などを使っているのですね。これはよくあることなのでしょうか?
面白いな・・と思いました。でも、確かに暗くて難しい作品ですね。
でも、他の画像もとても興味深く見ることができました。
いつもありがとうございます!(^_-)-☆
プロフィール

noririn

Author:noririn
noririnのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
I love photo
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR